2014年10月24日

光がこだまする

s2010_1023_0130.jpg建て方の取材に引き続き、竣工後2ヶ月生活を始められた上尾の木の家に、ご家族の木の家の生活の様子などを伺うために「日本の木のいえ情報ナビ」の取材が行われました。
ご家族も引越し後、多少は落ち着かれたご様子でした。秋雨の季節で久しぶりの好天ということもあって、格子壁から漏れる光の感じをよく体感できました。
カメラマンの石山さんの「光がこだまする」とい表現がとても気に入りました。これは、撮影する側にとっては、とても厄介なことという意味です。格子壁を通して入ってくる光が刻々と変化し、光の反射の状態が安定することないために、映像を扱うプロとしてはうまくない状況であったようです。
ちょうど木陰にいるように光に斑が生じていることに似ているとのこと。
外の光の変化を室内に取り込みたいという意図を持って計画したものとしては、まさに意を得た表現としてうれしく思いました。
太陽光の入射角も下がってきましたから、室内の奥にまで差込む光の変化を楽しむことも大いに期待できるでしょう。
工事中のあの夏の光はとても厳しかったですが、格子がうまく遮る時間帯があることも実際にその効果として確認できましたが、これからは光をたくさん取り込みたくなる季節です。
夕方、陽の落ちる時間も早くなり、今度は格子から外に漏れる生活の光が町にやわらかく灯ります。
s2010_1023_0046.jpg

s2010_1023_0076.jpg

s2010_1023_0214.jpg

[2010.10.23]


posted by 太郎丸 at 18:42| Comment(2) | 上尾の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前回に引き続き取材ご協力ありがとうございました。今回も大変勉強になり、刺激を受けました。今、写真整理、原稿書きに七転八倒しています。
Posted by 玉井@日本の木のいえ情報ナビ編集長 at 2010年10月25日 13:34
玉井さん。
先日は、お疲れさまでした。
天気にも恵まれ、ピンポイントで取材日和でしたね。
格子壁の光の感じも体感いただけたのではないでしょうか。
映像を楽しみにしています。
ありがとうございました。
Posted by 太郎丸 at 2010年10月25日 16:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。