2010年04月05日

屋根納まりの打ち合わせ・・・端がポイント

2010_0405_0003s.jpg
屋根の仕上げはガリバリウム鋼板。色は銀黒までは決定しています。
断熱材の納まりなどの関係から屋根面には段差があり、平葺きと瓦棒葺きで葺き方も変えようとしているため、板金各部の納まりの打ち合わせを棟梁と屋根屋さんとで行ないました。
屋根工事は雨漏りをさせないことが基本。屋根面の段差部分で無理な納まりがあるのかどうか、板金がうまく曲げられるのか、捨て板をどう入れるのかなどなど。
標準部分では納まっていても材料同士がぶつかる端っこが肝心なところ。3次元で考える必要があります。
片流れ部頂部の納まりの検討では、よりすっきりと見せようという提案をもらいました。瓦棒葺きを縦平葺き(立ちはぜ葺き)に変更し、瓦棒よりも軽快な感じに仕上がると思います。楽しみです。
[2010.04.05 曇]


posted by 太郎丸 at 19:06| Comment(0) | 上尾の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。